街金 ブラック対応

街金生き残り大作戦がブラック対応の理由

WEB完結、スピーディーな審査、即日融資も可能、スマホで申し込みができます。

大手消費者金融や銀行カードローンでは、こうした広告が多いです。
あっという間に現金を手にすることができる、それが大きなセールスポイントです。
しかし、審査に通ったらね、という言葉はいつも抜けています。
申し込みをしたらだれでもキャッシングができるというものではありません。

 

街金ではそんな宣伝は絶対にしていないでしょう。
せいぜい派手にホームページを作る程度で、それも全国の街金の比率で考えればほんの一部です。
街金のほとんどは、地元の来店ができる方だけに対して貸金を行う消費者金融です。
インターネットのホームページがありながら、サービス内容は、振り込みオンリー。
カードローンではないため、ATMの利用はできない。
街金はそんなサービスが多いです。

 

しかし、審査に関してはとても寛大です。
口コミ情報やライキングサイトで、頻繁に出てくる全国の中小・中堅消費者金融と呼ばれる街金は、審査が甘いと評判のところばかりです。
融資率が高いと、詳しい内容のサイトも多く、共通点として、

  • ブラック対応
  • 大手消費者金融の審査落ちの方もOK
  • 審査に時間がかかる
  • 電話で詳しく聞かれてうっとうしい
  • 振り込み手数料がかかる
  • 延滞すると催促がエグい
  • 金利が高い

などです。
ここで特筆すべき事は、ブラック対応の部分です。

 

これは、個人信用情報機関で金融事故を起こして、銀行や大手消費者金融で借入ができない方でも審査が通ることがある、要するに、お金が借りやすい消費者金融であるということです。
同時に、この言葉があるから、闇金ではないかと疑われるのです。
ブラックとは、俗称です。
借金まみれの生活をしている人なんていう悪いイメージがありますが、まさにその通りです。
返済をしなかったり、返済ができないほど借り過ぎたり、債務整理をしたような方を指しますが、街金では独自の審査によって、そのような方に対しても、お金を貸してくれるのです。

 

昔から営業している街金では、こうでもしないと経営が成立しないのが本音です。
貸金業界では、貸金業法の改正で、債務者を保護する法律が制定され、昔のように高金利の金貸しができなくなってしまいました。
街金では比較的高い金利で、ブラック融資をしていた部分もあったのは確かなことです。
今、それをしてしまうと即営業停止になりますから、回収が怪しげなブラックにも対応しているということです。
それは嬉しい事ですが、延滞すると催促がエグいというのもあります。
街金での借入に関しては、返済しないと怖いぞ、というのも口コミで多く語られていることです。