街金 ランキング

街金ランキング

 


  1. 街金ランキングサイトって知ってる?
  2. 街金の申し込みの仕方 来店義務もあり
  3. 街金はホームページで手軽に申込もできる
  4. 街金の内容について
  5. 街金で借りる際の注意点

 

街金ランキングサイトって知ってる?

街金ランキングサイトなどを目にしたことがあるでしょうか?
街金は闇金と思っている方もいますが、そんな事はありません。
ブラックリストでも借りられる審査の甘い中小消費者金融として紹介されていることが多いのでご安心ください。

 

街金とは

CMもやっていない、大手消費者金融でもない、銀行カードローンでもない貸金業者です。
中小消費者金融という位置づけでよく、地元を中心に金貸し屋をやっている業者を指します。
最近では、街の人たちだけではなく、インターネットを通じて全国対応の消費者金融として注目されています。
大手消費者金融よりも審査が甘いことで、借りやすい金融業者のサービス内容になっています。

 

ランキング上位は、よく見る会社名

審査が甘いと言うのは、大手消費者金融や銀行カードローンと比較してということです。
ブラックリストOKの融資が口コミ情報でも多いのですが、申し込みをする方は、インターネットだけではなく、電話、対面などで対応できます。
キャッシングをするためには、おすすめ業者を探して。専用フォーム等から情報を入力して、審査を待ちます。
街金ランキングサイトは、1つではありません。
複数のサイトを確認するとわかるのですが、ランキング上位は、だいたい同じ会社になっています。
サイト運営責任者はそれぞれ違います(東大医学部卒のMIHO、街金アニキ、街金グなど)が、同じ街金が上位を占めると言うのは、かなり期待して良い金融業者であり、利用している数も多いと判断できます。

 

ブラック融資OK ランキングサイトの使い方

街金の特徴と言えば、借りやすさです。
大手消費者金融の審査落ちの方でも収入があれば借りる事ができます。
多重債務や債務整理経験者でも、信用情報の金融事故が“許容範囲”であれば、フリーローンも借りられます。
もちろん誰でも良いのではなく、審査があります。
その内容は、街金によって違うのですが、原則ブラックリストには対応しているところばかりです。
ランキングサイトの上位では、ここが1位と言うよりはそれぞれが同じ内容の審査であるということです。
もし、返済ができる範囲のブラックの方は、参考ページを必ず複数確認をしてから街金を決めてください。
審査の差はあまりないのですが、口コミや評判なども気にしてみると良いでしょう。

 

知名度はないけれど

中小消費者金融のほとんどが知名度そのモノはあまりないです。
多分、甘い審査にこだわらない方、普通に大手消費者金融や銀行カードローンを作れる方は一生縁のない会社ばかりです。
しかし、有名無名ではなく、審査に通ることが第一です。
サイトで紹介されているところでは悪質業者は皆無で、安心安全なところです。
最初は少額融資から申し込みをしてみてください。

 

▲メニューに戻る

街金の申し込みの仕方 来店義務もあり

お金を借りたいけれど、大手消費者金融では審査落ちの方は、街金に相談をしてみてください。
申し込み方法は、ホームページで専用フォームがあればそこから申し込みができます。
しかし、電話番号しかわからない場合は、直接電話をしてみてください。
キャッシングの件で連絡をしましたでOKです。

 

ブラックリストでも大丈夫?

街金のほとんどがブラックOKです。
ただ、全てが借りられるのではないのは注意点です。
大手消費者金融で借りられなかった方の中で、街金の自社審査が通ることが多いということです。
地域密着の街金では、顧客範囲は限定的なところも多いですが、サイトがあるところでは全国対応のところも少なくありません。
もちろん専用フォームでインターネットで申し込み家できます。
融資の対象は、必ず収入のある方と総量規制の限度内であることです。
ブラックリストはダメとないのが特徴です。
口コミ情報で人気の上位のところは、全国対応のところが多いですが、ブラックも借りられているようです。

 

学生と専業主婦の扱いについて

消費者金融NGとされる専業主婦は、街金では安定した配偶者の収入があれば審査できます。
専業主婦の利用も多いのも街金の特徴です。
大手消費者金融では、最初から対象外、銀行カードローンの審査は厳しいとなると、街金の存在は有り難いです。
また学生ですが、学生専門の街金もあります。
専業主婦と違うのは、親の収入が関係する学生ローン的なものと学生本人の収入のフリーローンがあることです。
学生ローンの場合、親が主体になってしまいますが、アルバイトなどをしている学生では、自分の名前で親が無関係の契約が可能です。
その時の条件は、20歳以上で少額でも安定したアルバイトがあることです。

 

融資率は高い

街金ランキングサイトにもあるように、融資率は高いです。
これは審査が甘いことが要因としてあります。
ブラックリストでも借りられることでも裏付けがありますが、多重債務であっても返済能力があれば、良いのです。
大手消費者金融では2社以上の多重債務はその時点で審査落ちですが、街金では3社程度でも返済ができる収入があれば、キャッシングができます。
総量規制の範囲内であることが条件です。
全国対応の場合は、電話と書類の審査になります。
中には店舗に行き、直接面接をする審査もありますが、こちらの方が即金での融資が可能です。
本来の街金の形で、インターネットなどを使っていないところでは、来店でじっくり事情を聞いた上で審査です。
そのような街金は未だに多いでしょう。
業務内容を確認の上、事故歴のあるブラックリストも、カードローン会社を散々審査落ち経験者も金融中小業者の街金での借り入れを考えてみてください。

 

▲メニューに戻る

街金はホームページで手軽に申込もできる

街金での大口融資は難しいです。
特に最初の契約では小口融資が基本です。
ホームページ等には最高限度額等の明記がありますが、たいてい10万円以下が街金の相場です。

 

最近の街金

街金ランキングサイトなどでついている順位に関しては、利便性などが勘案されています。
最近の大手消費者金融ではカードローンが主流ですが、街金では振込が多いです。
中には店舗での現金の形をとっていることも多く、借りる・返済のたびに来店しなければならないところもあります。
ところが、最近では、ネット申込、カードローン借入、返済はコンビニでできる大手消費者金融同様のサービスもあります。
無人契約機も存在していて、そんなことからランキングの上位になっている場合があります。

 

街金は闇金は嘘

多重債務ブラック破産者でも借りられる金融業者。
そういった場合、これは完全な闇金ではないか?と思っている方も多いです。
しかし、この程度の事故歴で借りられる中小消費者金融も街金もたくさん存在しています。
街金等の情報満載の参考ページでは、ブラックでも借りれたとあります。
ブラックに融資をするのは闇金なんていう常識は昔のことです。
今では、ブラックリストの借入ができる時代です。
ですから、街金ではブラックリストは審査をした上で。返済ができる相手にしか貸してくれません。
闇金は法律は無関係ですが、街金は貸金法で利息制限法も守り、時には審査落ちもある正規貸金業者です。
自己破産者だって、返済能力があり、一定期間が経てば審査OKなのです。
それも法律圏内の話です。

 

中小業者だからとっつきにくい?

街金は金融業者としては規模が小さいです。
ただ何店舗も展開しているところもあり、ホームページではフリーローンだけでなく事業者ローンも扱っているところも多くあります。
最初から個人事業主を対象にしている街金も存在します。
利用者がブラックばかりではなく、派手さにもかけることから、なんとなく店舗にも入りづらいのは確かです。
しかし、インターネット完結街金などもあり、借りやすさと安全性は極めて高いです。
街金ランキングサイトなどで上位のところでは、大手消費者金融と金利が変わらない(もともと2%程度)のところもあります。
ブラック融資として名高く、くらいイメージもありますが、単にブラックでも気軽に借りられる金融業者が街金です。
大手消費者金融の審査落ちだったのですが、大丈夫ですか?という感じで問合せてみてください。

 

口コミ情報は大切

大手消費者金融のように知られていないところばかりですが、ランキングサイト記事の口コミは必ず確認をしてください。
悪質業者と同じ名前の街金もありますから、間違わないことです。
サイトをきちんと確認で、上位にこだわらず、申し込みをしてみてください。

 

▲メニューに戻る

街金の内容について

街金は基本的に小口融資です。
ですから、100万円とか50万円の融資には対応していません。
銀行カードローン、消費者金融などは限度額が最初に決められ、カードでキャッシングが可能です。
しかし、街金ではカードローンができるところは少なく、たいていは融資分の振込になります。
使い勝手は悪いのですが、完済しないと次の融資ができないなど、借りすぎない計画的なキャッシングができます。

 

気になる口コミ情報 ブラックリストも借りられる

街金では、審査基準が大手より甘いようです。
街金ランキングサイトの上位では、各サイト微妙に順位は違うものの、見事ブラック対応金融業者が並んでいます。
サービス内容として紹介されているのは、他社の借入ができなかった方は相談してくださいとのこと。
これは、大手審査落ちでも借りられる予感のあるアナウンスです。
申し込みの対象は、
・収入がある方
・総量規制に余裕がある方
となっているところがほとんどです。
ただ多重債務に関しては、会社によって◯社までという規定があります。
ということは、ブラックOKとみて良いのではないでしょうか?
ブラックリストには融資OKの兆しがあります。

 

融資率が高いとの噂

街金では、話を聞いてから融資を考えるところが多いです。
話というのは大手にはない審査の一つです。
要するに、どうしてお金を借りたいのか、どうやって返済を考えてるのか“弁明”の余地があるということです。
今、どうしてもお金が必要で、大手では借りれなかったのですが、というお願いができます。
もちろん、返済の見込みがある方のコメントになりますが。
即決ではない可能性は高いのですが、収入証明と具体的な返済方法さえ示す事ができれば、債務整理後2年程度でも借入ができたという口コミもあります。
ブラックリスト、頑張れ!

 

地域密着と全国対応

街金の正式名称は、中小消費者金融です。
どうして街金と呼ばれるか?というと、市街地に事務所が多く設置されているからです。
サラ金事務所のイメージ、駅前のビルやマンションの一室の金貸し屋、あそこは高利貸しだよ。のアレです。
以前は高金利の貸出も可能でしたが、最近では街金は貸金法の法律の利息制限法最高金利20%をキープしています。
中には大手消費者金融と大差ない金利での提供もしています。
市街地で、地元の中小業者や会社を相手に信用を勝手営業していたところが多いのですが、インターネットの普及によって、専用フォームで全国対応で申し込みができるようになりました。
東京の街金に京都の方が申し込みができるのです。
今でも申込条件を地域限定にしていて、インターネット申込ではなく、店舗にきてから契約をしているところもあります。
かと思ったら、カードローンを作って。全国のコンビニや大手消費者金融と提携してカード機でキャッシングができるところまであります。
限定的ではない全国対応のところでは、自宅に居ながら指定口座に振込をしてもらえます。

 

街金の注意点

中小キャッシングは、多重債務ブラック破産者などにも対応しているところです。
信用情報に関しては、悪いのは分かっていて審査を開始します。
それもスコアリングシステムでスピード審査ではなく、人の手で行うところがほとんどです。
ですから、審査に時間がかかります。
知名度がない街金は、検索をする時に、悪徳業者に引っかからないようカテゴリ記事一覧、口コミ情報もいくつも確認されることが必要です。
参考ページなどもあり、中にはちょっと前に営業を停止している業者も少なくないです。
最新情報のチェックを欠かさないことと、経験者の体験談などは一度目を通しておくと、申込のノウハウを知ることができます。

 

▲メニューに戻る

街金で借りる際の注意点

銀行の貸出残高が記録的に伸びています。
審査が厳しいとされる銀行カードローンですが、低金利(14.5%)のサービス内容が魅力になっています。
お金を借りたい方にとって、1%でも低金利の金融会社や金融業者が人気が出るのは当然のことです。
しかし、その低金利のキャッシングができない人?

 

順番か行くと大手消費者金融

銀行カードローンがダメなら、消費者金融に申込する方が多いです。
しかし、多重債務者やブラックかブラックに近い人なら、審査は銀行カードローンと大差ないです。
公式サイトからWEB完結の申込ができ、即日融資ができる大手では、それなりに審査が厳しいのです。
ブラック融資は期待できないです。

 

そこでおすすめ業者は街金

街金の情報は、審査の甘い消費者金融や中小消費者金融で挙がってくる金融中小業者のことを言います。
ライキングサイトの記事では、それぞれの特徴からランクインしている会社名が連なっています。
知名度はないのですが、代表者の写真入りホームページ、高い安全性などで、安全なキャッシングができます。
利息が少し高め、必要書類なども大手より多いのですが、審査基準は低めのハードル。
大手では借りることができなかったキャッシングができることが多いです。

 

コンビニATMも可能

インターネットでの申込ができたり、カードローン、コンビニATMでキャッシングも可能な街金も登場しています。
全国対応のところもあり、口コミなどでも評判になっています。
規模は小さいですが、申込者は増加しているとの噂もあります。
銀行カードローンができなくなった、多重債務だけで断られた、債務整理して数年しか経っていないけれど、かりることができると言うのは街金のメリットです。
ただし、ここでも審査通過の保証は100%ではないのは、安心から一気に地獄行きというショックも大きいのは確かです。
創業半世紀という老舗街金もあり、創業数年の顧客大募集の街金もあります。
審査基準は、それぞれ違います。
甘い点で共通点はありますが、細かな自主審査を敷いているところもあります。

 

最新情報を絶対にチェックして

街金では、最新情報が肝心です。
ランキングサイトで詳細なデータまであり、ワンクリックでリンクができます。
しかし、ページに進めないこともよくあります。
検索の情報が数年前であったり、内容が大きくかわっいることも少なくありません。
以前はもっと借りやすかったという口コミなどもあります。
地元密着型の街金の場合、情報では全国対応になっているけれど、急に規模を小さくしている場合もあります。
関係会社の経営不振で、倒産をしてしまったり休業するというのは金融会社にはよくある傾向です。
電話番号にしても、サイト訪問しても、必ず最新情報を目にしてから、行動しましょう。

 

 

 

▲メニューに戻る

更新履歴